Osamu Funao Photography

写真家 船尾 修 公式HP

検索
  • funaoosamu

NHK番組に出演しました

昨年の話で恐縮ですが、夏にNHKの番組「なぜ悲劇は起きたのか~写真家・船尾修 旧満州への旅」に出演しました。6月に現地ロケを行い、8月にまず地上波で九州地区限定で放映されました。番組の評判がよかったことから、その後、NHKBSスペシャルでも2回、海外向けのNHKワールドでも放映となりました。

いま私が取り組んでいる作品制作が、旧満州(いまの中国東北部)に現存する戦前の日本時代の建築物の撮影です。年月を経た重厚な建物の質感を表現するために、中判カメラを用いて、6×7の画角で作品を制作しています。

と、こう書くと簡単ですが、80年前、90年前に建てられた建物が現存しているのかどうか、資料はあまりなく、撮影の前にまずその建物があるのかどうか確かめることから始めなくてはなりません。そのため私は戦前に発行された都市地図などを国会図書館で探し出し、現地でそれを照合しながら旅をするという大変時間のかかることを行っています。

そしてたとえ現場にたどり着いてみても、その建物はとうに取り壊されていたりします。また中国政府は日本占領時代の歴史についてはとてもセンシティヴで、たとえ見つけても撮影させてくれないこともあります。まあそこは私もプロなので、はいそうですかと簡単に引き下がるわけにいかず(笑)、あの手この手で盗撮したりするわけですが。

私にとっては、撮影そのものよりも、それを見つける過程のほうがおもしろいわけで、すごいものを見つけた時には宝探しで金を掘り当てたようなうれしさです。それはともかく、私のこうした作品制作のことをNHKのあるディレクターが耳にはさんだようで、自宅まで話を聞きに来られました。そのディレクターは入社してまだ間もない20代のとってもかわいらしい女性。

私がなぜ旧満州に興味を持ち、通って撮影・作品制作しているのかについて、なぜか共感をもたれたようです。世の中には奇特な方がおられるものです。そしてとんとん拍子に取材と出演の話がまとまり、私は田植えが終わった直後に、カメラマンさんらと一緒に中国へ行き、番組に無事まとまったという次第です。

50分番組なのでなかなか見ごたえがあります。NHKさんはユーチューブさんとは仲が悪いらしく(著作権の問題がありますからね)、この番組をネットに挙げてもすぐ消去されたみたいです。でも、デイリーモーションというユーチューブの同業者さんに対してはチェックが甘いのか、現在も番組を観ることができます。

テレビを見落とした方は、ぜひこちらをチェックしてみてください。

www.dailymotion.com/video/x5xeqdq


175回の閲覧