Osamu Funao Photography

写真家 船尾 修 公式HP

検索
  • funaoosamu

写真展「Beyond The Border」のお知らせ

東京・中野のギャラリー冬青にて船尾修写真展「Beyond The Border」を開催することになりました。

私は20代から30代にかけて、アジア・アフリカ・ヨーロッパを放浪旅行していた時期が長くありまして、そのころは何かテーマを追いかけて取材・撮影していたわけではなく、旅のお供としてカメラをぶら下げ、自分の心の琴線に触れたものに対してシャッターを切っていました。

当時の愛機はニコンF3。モノクロフィルムを詰めていたことが多かったかな。このころ撮影したネガはおそらく数万カットあると思いますが、旅の途上で好き勝手にシャッターを押していたものばかりだからなんら統一性がなく、ストーリー性もありません。ですから雑誌等でもほとんど発表することなく、長く書斎に埋もれていました。

今回、思いがけずギャラリー冬青さんから声をかけていただき、写真展をすることになったのですが、どうせなら未発表のものをこの際に思い切ってセレクトして展示してみたいと思いつき、実に久しぶりにベタ焼きを引っ張り出して1カットずつ見直してみました。

あのころはこんなところを旅していたんだな、とか、そういえばこういう人と出会ったな、とか、ベタ焼きの小さなカット1枚1枚が実に思い出深く、またあのころの旅を愛おしく感じました。だからセレクトにはすごく時間がかかってしました。あのころ僕は恥ずかしながら、本当に何も考えずに、単に「あそこに行ってみたい」という動機だけで旅していたことも再確認しました(笑)。

そのような写真を並べてみてもおそらく鑑賞者にはあまり楽しくないかもしれません。しかし僕自身にとっては、間違いなく若かりしころに「あの場所」に立っていたという事実が、こうしてプリントに「記憶」として閉じ込められているのです。だから自分にとっては、何を見て、何を見なかったのか、ということがよくわかって、それはそれでなんだか少し恥ずかしい。

まあともあれ、ご都合が許すのであれば、ぜひギャラリーにお越しください。そして私が過去にこの目で見たものをお楽しみください。

◆2019年9月7日(金)~9月29日(土) 11:00~19:00

   *日曜・月曜・祝日は休廊となります。ご注意ください。

   *入場無料

◆ギャラリー冬青

   〒164-0011 東京都中野区中央5-18-20

   *JR中野駅南口、あるいは地下鉄丸ノ内線・新中野駅から徒歩7分 (駐車場はありません)

   電話:03-3380-7123

    http://www.tosei-sha.jp/TOSEI-NEW-HP/html/EXHIBITIONS/j_exhibitions.html

◆オープニングパーティー

   9月7日(金)19時(午後7時)~

   *写真に興味がある方、船尾とお話ししてみたい方等、どなたでも参加できます。(予約不要)

◆船尾が確実に在廊しているのは、9月7日(金)夕方~と8日(土)終日です。


86回の閲覧

最新記事

すべて表示

NHK番組に出演しました

昨年の話で恐縮ですが、夏にNHKの番組「なぜ悲劇は起きたのか~写真家・船尾修 旧満州への旅」に出演しました。6月に現地ロケを行い、8月にまず地上波で九州地区限定で放映されました。番組の評判がよかったことから、その後、NHKBSスペシャルでも2回、海外向けのNHKワールドでも放映となりました。 いま私が取り組んでいる作品制作が、旧満州(いまの中国東北部)に現存する戦前の日本時代の建築物の撮影です。年